ダイエットで考えてみる目標達成のためにまずできること*

調子に乗って食べ過ぎて、現実と向き合う勇気を持てません、yagiです!

そう、まだダイエットをしなくてもいいだろうか、いや、もうしなければならない(反語)。という思いが日に日に存在感を増してきています。

でもね、はじめても、いつか継続できずに止めてしまうんですよね。気持ちが負けてしまって。でもそれは、そもそも「ダイエット=つらーい努力項目をし続けること」になってしまっているからじゃないかなあと、あらためて気がつきました。

つまり、「つらい、苦労、無理をする」という状態でない項目のダイエットなら、努力し続けることができるんじゃないかな、と簡単なことかもしれませんが思ったのです。

続けることのできる項目のハードルを下げる

例えば、私にとってダイエットのためにランニングするということは、ものすごくつらいです。なので、おそらく毎日の継続は無理です。毎日のストレッチも、いやいやならできるかなあ…というレベル。

では、この項目を、もっとできそうなことに変えられないかな?と考えてみます。

自分の生活スタイルやリズム、譲れないことなどと照らし合わせて、方法を洗い出してみます。

・ランニングは無理だからウォーキングにしてみる

・食べることが好きだから1品目は野菜たっぷりスープに置き換える

・お風呂は毎日入るのでマッサージもセットにする

・歯磨きの時だけ足のストレッチをする

これやっても意味あるのかなあ?くらいのローリスクなことにしてみるのがコツです。最初はローリターンでも、継続すると結果がついてきます。

項目に楽しんで続けられるおまけもつける

これに、ちょっとしたごほうびや楽しみもプラスすると、より継続しやすいと思います!

・朝食代わりのヨーグルトにかけるハチミツを色々取揃える

・ウォーキングの行き先を大好きなお店のある街に設定してみる

・グリーンスムージ用にとっておきのグラスを新しくおろしてみる

・マッサージの時にはいい香りのボディミルクを使う

せっかくならやってみようかな、これが楽しみだからできるかも、というワクワクできる項目にしてしまえば、なんとなーくでも続けられるような気がしませんか?

いつのまにかチャレンジできるレベルも上がってくる

最初は、まさしくローリスクローリターン。でも、継続できた!そして、ちょこーっとだけでも結果が出たかも!という状態になると、自信がついてきます。

そうすると、不思議と「ここまでできたのだし、もうちょっと上のことにも挑戦してみようかな」という気持ちになってくるのです。

もしくは、気がつくとできていることのレベルが自然と上がっているので、おのずと上のレベルに移行できます。

大きな目標達成というゴールのために小さな小さな積み重ねを

私は、今まで短期集中型で一切の継続的な努力ができませんでした。受験や、友達と約束したダイエット、恋愛も…。コツコツと小さなことを積み重ねて結果を出すということに不慣れです。

だからこそ、継続して結果を出すということの大切さを今になって痛感し、どうしたら努力し続けられるのかな?と考えてみました。

当たり前のことなのかもしれないし、できてる人は自然とやっていることなのかもしれません。でも、私はやっと気づいたのですね〜。

なので、もしも毎回決めたことを継続できない、そして自己嫌悪に陥る…という負のスパイラルに陥りがちの人がいたら、ぜひ!カンタンなことに噛み砕いて、楽しみながら継続できる方法にリミックスしてみてください*

ダイエットでも、英語勉強法でも、資格取得でも、応用が効くのではないかと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする